相続とは?誰が相続人になるの?

相続の本質

相続と聞いて考えるべきことはなんでしょう?「相続税対策」でしょうか?
確かに資産が多い方であれば、資産をどのようにして保持してどう相続するかによって、かかる税金の額は大きく変わってくるかと思います。しかし、税金対策のことばかり考えていると、相続において大切な本質を見失ってしまうことになりかねません。
相続の本質は、先祖から受け継いできたものや自分自身が築き上げたもの、それは必ず目に見える資産だけではなく、「想い」も含めたものを次世代に残すことでもあります。資産を受け取った人はそれをこれからどうするのかを、資産を渡すものだけが決めるのものではなく、受け継ぐ側が税金の心配ばかりして決めるものでもありません。
相続は、資産や税金の多い少ないに関係なく、ご家族でしっかり話し合いの場を設けて、資産を渡すものの望む方法、受け継ぐ側全員の納得がいく方法で資産承継を実行することが「理想の相続」と言えるかと思います。

誰が相続人になるの?

では誰が相続人になるのか?
これは、遺言や家族信託などで財産の受取人を指定していない場合には、民法の定めに従い、配偶者や優先順位の高い親族に遺産を受け取る権利が発生します。この権利を持つものを「法定相続人」と呼びます。
では、優先順位の高い親族とは誰でしょう?
まず、お子さんがいらっしゃる場合は子が第一順位になり、父母が第二順位、兄弟姉妹が第三順位となります。
配偶者は必ず相続人になりますので、お子さまがいる場合は、配偶者とお子さまが相続人になります。お子さまがいらっしゃらない場合は、第二順位の父母と配偶者が相続人になります。
そして、誰がどれだけ相続するかは、「法定相続」か「分割協議」によって異なります。
分割協議を行う場合は協議を通して相続割合を決めますが、「法定相続」の場合は法律で決められた割合で相続することになります。
相続人が配偶者:子の場合は1/2:1/2、配偶者:父母の場合は2/3:1/3、配偶者:兄弟姉妹は3/4:1/4です。同じ順位のものが複数人いる場合は、人数で相続分を割ります。
例えば、「法定相続人」に以外の人に権利を与えたい場合や、「法定相続」と違う相続割合にしたい場合などに必要となってくるのが「遺言」です。遺言は相続の準備・対策の基本です。数字上で平等に分けることと、各相続人の公平・納得感は違ってきますので、親の遺志を明確に示すことは争族予防にも友好ですし、遺される家族の負担も減ります。

財産目録を作る

遺言書がなかった場合には、まず「財産がどれだけあるのか」を調べなければいけません。
遺産分割を行った後に、新たな遺産が発見された場合、新たに発見された遺産について改めて遺産分割をする必要が出てきてしまいます。このような二度手間になってしまわないためにも、まず亡くなった方の遺産の確認をしっかりと行って、財産のリストを作っておくと良いかと思います。
リストを作っていく中で、土地や家屋・美術品といった値段がつけにくいものには評価額を決定しなければならないので、時間も必要になってきますが、まずは、これらをきちんと行なってはじめて、正しく相続をすることができるようになります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。