おひとりさまの人生終盤の生き方

少しこれまでのブログとは、テーマが変わりましたが今回は「おひとりさまの人生後半の生き方」についてお伝えしていきたいと思います。
わたしが行政書士になりたいと思ったきっかけは「ひとりで悩んでいる人を助けたい」という想いです。ひとりで悩んでいる人の助け方はたくさんあるかと思います。
金銭面、健康面、精神面などなど、さまざまなところで助けは求められています。
そんな中、わたしは精神面、金銭面で誰かの助けとなるような情報を発信をして、助けを求められたときには精一杯お力になれるように新しい情報を収集したり、勉強をしています。
現在わたし自身も「おひとりさま」です。
楽しいこともあれば、正直たまに不安になることもあります。同じ「おひとりさま」だからこそ分かり合える部分も多いかと思いますので、何かお悩み事がある方はお気軽にご相談ください。

人生終盤に備える「4つの心得」

さて本題に入っていきたいと思います。
先ほど少しお話ししましたが、人生終盤に近づいてきたときに不安になってくることはなんでしょう?
長生きをすればするど、みんな最後にひとりになります。
結婚している人もそうでない人も、最後はひとりになる。
特に平均寿命の長い女性は多くの人が人生終盤には「おひとりさま」になる可能性が高いです。
だとすれば、「ひとりで過ごす」ためのノウハウを今から準備しておけば、人生終盤に近づいたときに、ひとりで慌てたり不安になることが少しは減るはずです。

では、人生の終盤に備える「4つの心得」とは、
①医療・介護のこと
突然、病気になったり、体が動かなくなったら?
②財産管理のこと
認知症などでお金の管理ができなくなったら?
③死後管理のこと
亡くなったときの手続きはどうする?
④相続のこと
死んだあとの、自分の資産の行方は?
この「4つの心得」を出来るものから準備を整えておくと良いです。

人生終盤に頼れる人は?

おひとりさまの、人生終盤の不安ごとを解決するのにあたり、親族・友人など誰かしら頼りになる人がいればその人に頼るのも良いかと思います。
ただ、なにかしらの制度を利用するには法律が分かりにくかったり、手続きが複雑なものだったりすることも多いので、そんなときに「頼れる専門家」を知っておくことも必要です。
例えば、遺言書や相続関係のことなら「弁護士」「司法書士」そしてわたしたち「行政書士」
そして、相続税や確定申告などについては「税理士」
財産管理については「金融機関」などがあります。
そのほかにも民生委員や社会福祉協議会など自治体のサービスに「自分」という存在がいる事を認識しておいてもらうことも有効です。
「民生委員」とは、地域住民の身近な相談相手となり、支援が必要な住民と行政・専門機関とをつなぐパイプ役です。ひとり身の高齢者の家庭訪問も行っています。
「社会福祉協議会」とは、高齢者や障害者への介護・福祉サービスを行っているほか、成年後見制度の利用支援も行っています。
成年後見制度には2つの種類があり、「法定後見制度」と「任意後見制度」に分かれます。
「法定後見制度」は、すでに判断能力が不十分な方を法的に支援し、権利や財産を守ることを目的とした制度です。本人の判断能力に合わせて、後見、補佐、補助に分けられます。
「任意後見制度」は、将来判断能力が低下したときに備えて、判断能力があるうちに自らが選んだ代理人(任意後見人)と公正証書によって、生活や財産管理に関する契約を結んでおく制度です。
ほかにも、おひとりさまが頼れるところはたくさんあります。
「地域包括センター」
高齢者の生活相談、介護サービス実施の相談対応、プラン作り、介護員の派遣手配を行っています。
相模原市では、平成26年より、「地域包括支援センター」の愛称を「高齢者支援センター」にしました。
高齢者の保健・福祉・介護についてより身近なところでお受けすることができるように市内に29箇所設置をしています。
「高齢者支援センター」では、保健師、社会福祉士、主任ケアマネージャーなどの専門職を配置して、高齢者や介護家族からさまざまな相談を電話や訪問などによりお受けしたり、在宅福祉サービスや介護保険の申請代行、歩行器・車椅子などの紹介、介護予防に関する教室の開催なども行っています。これらの相談や申請などの費用は無料です。
最後に「自治体」
高齢福祉課などに登録すると、定期的な訪問や器具の貸し出し、食事のサービスなど、自治体ごとにひとり暮らし高齢者へのサポートがあります。
そのほかにも、各自治体によって頼れる制度があるかと思いますので、一度ご自身の住んでいる自治体のホームページなどで仕組みを調べておくと良いかと思います。

今回は、「4つの心得」のキーワードだけお伝えしましたが、今後それぞれについて詳しくお伝えして参りますので、ご自身が不安に思うことの内容をぜひチェックしてください。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。