おひとりさま老後資金について

老後をおひとりで暮らすことを「おひとりさま老後」と呼ぶことがあります。
「おひとりさま老後資金」とは、おひとりさまで老後を迎えた場合に必要となる生活資金のことです。老後になっても、生活するための資金は必ず必要です。持ち家で過ごすとしても、持ち家の修繕費、管理費などが必要になる心配があること、日々の食費や通信費なども必要です。
さらに、高齢になれば医療費や介護費用などの負担も大きくのしかかってくる場合もあります。

少し前には、金融庁が「老後に必要な資金は2,000万円程度」であり、多くの人が不足する可能性があると、報告書で指摘をした「老後2,000万円問題」が注目されました。この報告書で試算されているデータの前提となっているのは、夫婦ぐらしです。また、これ以外の公的データも、夫婦世帯を前提としているものが多い傾向があります。
今後は、結婚をしなかった方や、パートナーと死別・離別した方なども確実に増加し、生涯未婚率も上がっている状況です。そのため、おひとりさまで老後を過ごす方にとって「夫婦ぐらし」のデータをそのまま参考にすることはできません。おひとりさまの老後に絞って必要な資金を表したものが「おひとりさま老後資金」です。

老後に必要な資金は?

では実際に「おひとりさま老後資金」は、いくらぐらい必要になるのでしょうか?
生活にかかる資金は、人それぞれ違いますし、住んでいる場所によって物価が異なるケースもあり、ライフスタイルはさまざまです。それでも、日本人の平均的な「おひとりさま老後資金」を知っておけば、参考になるかと思います。

総務省の家計調査によると、単身世帯における1ヶ月の生活費は、平均約16.5万円、年間では198万円かかることになります。
この生活費に含まれている費用は、日々の食費や毎月の光熱費、必要な衣料品代など生活していく上で欠かせないものです。また医療費や交通費も含まれています。
ご自身の生活費と比べていかがですか?最近では携帯電話のアプリで生活費を簡単に計算してくれるものもあるので、それらを活用して自分は1ヶ月の生活費として、いくらぐらい使っているのか調べてみて、平均値を大幅に上回っているようであれば少し節約を考えてみるのも良いでしょう。
生活費は、老後になっても最低限必要になる資金です。

一方、収入に関しては公的年金が柱になります。
国民年金がつきあたあり約6.5万円支払われると仮定すると(国民年金(老年基礎年金(満額)令和2年度月額を参照))、毎月約10万円不足することになってしまいます。
さらに、老後25年間とすると、その不足額は
10万円×12ヶ月×25年間=3,000万円
になります。老後のために3,000万円用意しておくとなると、例えば30歳で貯金がない場合には65歳までの30年間で3,000万円貯めるには、毎月約7万円ずつ積み立てていくことが必要です。

月5万円で暮らす人もいる?

先ほど、単身世帯の平均生活費が約16.5万円、老後はそれに対して10万円不足していくと聞いて、気持ちがげんなりされた方もいらっしゃるかと思います。最初にもお話ししましたが生活費は人それぞれです。
例えば、上野千鶴子著「おひとりさまの老後」の中には、生活費5万円で過ごされている方の話も出てきます。
その方は、寒冷地で月5万円で暮らしているそうで、省エネ・省コストのパッシブソーラハウス(機械で太陽熱を取り入れるのではなく、構築的な工夫により太陽熱の利用効率を高めた住宅)で、寝室付きワンルーム住宅で、一人暮らしには最も快適な住環境です。家庭菜園があるので、新鮮な野菜類には事欠かず、貯蔵食品も自家製と、豊かな暮らしぶりをされています。
何を持って、豊かと感じるかも人それぞれのところはありますが、ご自身が老後までに用意できる金額と、ご自身の老後豊かな生活を送るために必要になる金額を照らし合わせて、足りないようであれば今のうちから貯蓄を増やしたり、老後のライフスタイルを見直してみたりすると良いですね。

体が不自由になり自立した生活が難しくなった時には、介護に対応した施設に入居することもあるかもしれません。
入居に関しては月額数万円で入居できるところから入居一時金が数千万円というとこまでありこちらもさまざまです。こちらも理想と予算とを考えて選んでいく必要があります。
施設については、こちらのブログにも書いてありますので、ぜひ参考にしてください。

最後に、老後資金のシミュレーションができるサイトをご紹介します。お時間のある時に、ご自身に老後必要になるお金をシミュレーションしてみてください。

「金融庁」ライフプランシミュレーション
年収や世帯情報などをもとに、将来の収入と支出と貯蓄をシミュレーションすることができます。

[日本年金機構]「ねんきんネット」ねんきん見込額資産
老後の支出をシミュレーションしたら、年金を含めた収入をシミュレーションしてみましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。