持続化給付金・家賃支援給付金の申請期限延長

持続化給付金については、必要書類の準備に時間を要するなど、申請に間に合わない事情がある方の書類の提出期限を2021年1月31日から2021年2月15日まで延長されることが決まりました。
加えて、書類提出期限延長の申し込み期限は1月15日から1月31日まで延長されます。

家賃支援給付金の申請期限も、当初、2021年1月15日(金)24時までとしていましたが、2021年1月以降の新型コロナウイルスの感染拡大等を踏まえ、2021年2月15日(月)24時まで申請期限を延長しました。
まだ、申請が済んでいない方は、申請書類の準備が困難であったことについて、「簡単な理由」を添付して、2月15日の申請期限までに申請を完了してください。

なお、申請期限以降も、事務局から送られる不備の修正(再申請)は可能ですが、申請日が遅れると、再申請を行うことのできる期間が短くなります。期間内に不備が解消されない場合、給付金が給付されない恐れがありますので、可能な限り早急に申請をお願いします。

上記の「簡単な理由」については、書面(様式自由)を作成し、申請の際に添付をしてください。書面の様式は自由ですが、家賃支援給付金ホームページに様式例を掲載しています。ので、適宜ご活用ください。

持続化給付金及び家賃支援給付金の申請期限が1月15日であると一部報道があるようですが、1月末までに申し出をすれば2月15日まで書類の提出を認めることとしています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。