バイセクシュアルとは?

男性と女性の双方が性愛の対象となる性的指向を持つ人をあらわします。
バイセクシュアルという概念についても、性的指向という言葉を用いて性格に理解しておきましょう。
性別と性的指向を分けることで、「男性の性愛の対象は女性」「女性の性愛の対象は男性」という思い込みを取り除くことができますが、性的指向という言葉には、その誠意的指向の向く先の性別が一つであるべきとの主張は含まれていないということです。
性的指向の先が男性と女性の双方に向かう両性愛もまた、一つの性愛の形として存在していて、同性愛や異性愛との間に優劣はありません。

両性愛について、「性的指向の向く先が男性と女性の双方である」との説明にも補足が必要で、同性愛者や異性愛者がそれぞれ特定の性別の人に恋愛感情や性的欲望を抱くように「同性愛モード」と「異性愛モード」の両方があり、それ自身の中に共存しているという実感を持つ人を「バイセクシュアル」(両性愛)」と言い、恋愛感情や性的欲望を抱く対象の基準に性別が含まれず「セクシュアリティに関係なく誰でも好きになる人」をパンセクシュアル(全性愛)と言います、パンセクシュアルは「すべてのセクシュアリティを好きになる」と考えることもできます。
また、「複数のセクシュアリティの人を好きになる人」をポリセクシュアル(複数性愛)と呼びます。
例えば「わたしは男性も、Xジェンダー(性自認が「男性」「女性」の枠に当てはまらないセクシュアリティ)の人も、クエスチョニング(自身のセクシュアリティについて悩んでいるまたは考えている最中もしくは、意図的に決めていない)の人も好きになる」と言った自己意識がある場合のことを指します。
こういうセクシュアリティの人を好きになると意識している点で、
・好きになることにセクシュアリティを条件としている
・好きにならないセクシュアリティも存在する
と考えられ、この点でパンセクシュアルとの違いがあります。

バイセクシュアルとポリセクシュアルは相手のセクシュアリティを意識するのに対して、パンセクシュアルは相手のセクシュアリティにとらわれない点が大きな違いと言えます。

パンセクシュアルやポリセクシュアルをまとめて「どんな人でも好きになる=バイセクシュアル」とされてしまうことがありますが、「両性」愛とあるように、本来の意味としては「男性」「女性」の2つのセクシュアリティを愛するセクシュアリティがバイセクシャルと言えます。

「バイセクシュアル=すべての人を好きになる」という誤解が生まれてしまっているのは、性には「男性」「女性」しかないという「性別二元論」が前提としてあり、それに加えて知識不足が言葉の誤用や誤解へと繋がっているのだと思います。
わたし自身「バイセクシュアル」という言葉は知っていても、「パンセクシュアル」や「ポリセクシュアル」という言葉を知ったのは、つい最近です。
セクシュアリティを指す言葉は、その人のアイデンティティにも深く関わってくることなので、知識を深めてきちんとした言葉で伝えられるようにしたいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。