南足柄市と大井町でパートナーシップ制度創設

神奈川県南足柄市と大井町市がLGBTなどセクシュアルマイノリティのカップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ制度」を7月1日から同時に創設すると発表しました。
2市町で協定を締結して、カップルが転居後も制度を継続利用できるようになります。

同制度は、同性同士などの理由から婚姻制度を利用できないカップルを「夫婦に相当する関係」として自治体が独自に認める制度になります。パートナーとして認められると、公営住宅の入居なども可能になります。
同性同士の賃貸は借りにくいという現状もあるので、公営住宅に入居ができるようになることは良いですね。

両市町の制度では同じ住所に居住し、他に配偶者のいない成人であることが要件となっています。
パートナーシップ宣誓書を記入した上で、提出すると宣誓書受領証が交付されます。

両市町は6月下旬に協定を締結する予定にしています。
宣誓書受領証を交付されたカップルが両市町の間で転居した場合には、再交付を受けなくてもそのままパートナーとして認められるようになります。
神奈川県内では、横須賀、鎌倉、逗子、三浦市、葉山町の5市町でパートナーシップ制度の自治体間相互利用の協定を結んでいます。

転居時には、いろいろな手続きが重なることが多いので、今後は多くの自治体が連携することで、転居時のパートナーシップ制度の再交付手続きがいらなくなると良いですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。