相続時に多いトラブルとは?

遺産分割がまとまらない要因の一つとして、不動産が分けにくいということがあります。
例えば、「相続人が複数いるのに不動産は一つ」「自宅と賃貸物件があるが、1人の相続人が独占しようとしている」「収益がない自宅と収益がある共同住宅の価値が違い、相続のバランスが取れない」など、互いの要求がぶつかるといつまでも話がまとまりません。

不動産は相続財産の中でも大きな比重を占める財産ですが、それだけに家族にとってプラスになるような明確な将来像を持っておかないとトラブルの元になってしまいます。
「法定割合の共有なら文句はないはず」と安易に共有にしてしまう人もいますが、将来問題になってしまうケースもあります。
「共有」とは、土地の所有権など、ある一定の権利を複数の人が持っている状態のことを言います。

また、現実の相続では、プラスの財産だけでなくマイナスの財産、つまり負債が残っているケースもあります。
その内容は、事業上の借入であったり、生活上の借金などさまざまです。
相続人としても、今や自分の生活だけで精一杯という時代ですので、親や兄弟姉妹が自分の知らないところで借りたお金は、自分が使ったわけでもないので、いくら家族といえども借金を代わりに払うのに抵抗を持つ方が多いです。
そこで「相続放棄」という選択肢を選ぶことになります。
「相続放棄」とは、財産の相続を放棄することを言います。相続放棄をすると、初めから相続人でなかったものとみなされます。通常は、相続する財産が債務過多の場合に行われることが多いですが、特定の相続人に相続をさせるために利用されることもあります。
最近では、相続放棄を選択する人が増えており、今後も増加傾向になると思われています。

そのほか不動産以外で遺産分割の際に揉めてしまう主な原因をいくつか挙げておきます。
①家督相続は過去の話(法定割合が当たり前になってきています。)
兄弟姉妹の中で優先順位は特にないため、主導権がなかなか決まらない
親との同居が減っている
親と同居していた者が「寄与分」(相続人の特別な貢献に応じて上乗せされる相続財産のことを言います)を主張している
②家族関係が複雑・希薄になっている(相続人同士が他人のよう)
離婚、再婚、未婚、非婚などの増加
後妻と先妻の子等だけでなく、実の兄弟姉妹でも意思の疎通が図れない
③相続に他する考え方が変わってきた(もらえるものはもらいたい)
財産を分けたくない、独り占めしたい
内容をオープンにしない、生前贈与を知られたくない
自宅は自分がもらいたい
収益のある不動産は自分がもらいたい
④亡くなった人の意思が見えない(遺言書がない)
財産を分ける基準がないので各自が自己主張をしてしまう

このように、普段の家族間でのコミュニケーション不足からトラブルを招いてしまうケースが少なくありません。
今は、コロナウイルスの感染予防のため、帰省を自粛されている方も多いかと思いますが、このコロナウイルスが落ち着いて家族が集まったときには、一度今後のことについて話をする時間を持ってみるのも良いかと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。