親より先に子が亡くなっていた場合は孫が相続します。

相続人となるべき人が被相続人の死亡前に亡くなっていたり、なんらかの理由で相続権を失っているような時は、その人の直系卑属(子、孫)が相続人になります。このことを「代襲相続」といいます。
相続する人を代襲者または代襲相続人と呼びます。

「代襲相続」は本来相続人となるべきだった人の、いわば身代わり相続です。
被相続人の子が先に死亡し、相続人となった孫は、子と同じ第一順位の血族相続人とみなされることになります。また、子も孫も亡くなってしまい、ひ孫がいるというようなケースの場合も同様で、そのひ孫が相続人となります。

子が先に死亡したため孫が相続人となるというケースが典型的な代襲相続ですが、兄弟姉妹について代襲相続が生じるような場合もあります。
例えば、被相続人に子がなく、直系尊属の父母もすでに亡くなっているような場合には、兄弟姉妹が相続人になりますが、その兄弟姉妹もすでに亡くなっているような場合には、死亡した兄弟姉妹に変わって、その子である姪や甥が相続人になります。
この場合で、姪や甥が亡くなっていたとしてもその段階で代襲相続は打ち切りになります。

他にイレギュラーな相続例としては、相続人となる子が親に乱暴をしていた場合などは、一定の手続きによって相続権を剥奪できる(相続人の廃除)ほか、相続が自分に有利になるように相続人を殺してしまったり、無理やり遺言書を書かせたような場合には自動的に相続権を失うことになります。(相続欠格)

「相続人の廃除」とは、相続人になるはずの人が被相続人を虐待したような場合、被相続人の意思によって法定相続人から相続権を奪うことが認められることです。
①被相続人を虐待した者
②被相続人に重大な侮辱を加えた者
③その他著しい非行があった者

「相続欠格」の条件とは、
①被相続人や、相続人の先順位者または同順位者を殺したり、殺そうとして刑を受けた者
②被相続人が殺されたことを知りながら、それを告発・告訴しなかった者(ただし、是非の判断能力のない時、または殺害者が自分の配偶者もしくは直系血族の場合は例外としています)
③詐欺や脅迫によって、被相続人が遺言をしたり、これを取り消したり変更したりすることを妨げた者
④被相続人の遺言を偽造、変造、破棄、隠匿した者

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。