遺言は書面で残すのが要件です

遺言書にはいろいろ種類がありますが、どのような方法であっても書面にしておくことが遺言書の要件になります。
同じように本人の意思確認ができるとしても、ICレコーダーで録音したものや、パソコン・ワープロで入力したUSBメモリーなどは自筆で書かれたものはないので、遺言書としては無効になります。
また、遺言書の書き方については、いくつかの決まり事がありますが、何に書くか、何で書くかについては特別な制限は設けられていません。どういう筆記用具を使うべきかについても、特別な制限はなく、筆、万年筆、ボールペン、サインペンなどなんでも大丈夫です。

財産は特定できる表現にしておく

後々のトラブルを防ぐためにも、誰にどの財産を与えるのか、きちんと特定できるように書くことがポイントになります。
例えば、「自宅の敷地」などの曖昧な表現よりも、地番、面積などを特定できる書き方にしておくことです。同様に、預貯金は銀行名、支店名、口座の種類と口座番号を、株券は会社名と株数などを明確にしておきましょう。これらを記したものを「財産目録」と言い、財産の一覧表になります。
記載内容を間違えないためにも、戸籍謄本や登記事項証明書、預貯金などの資料を見ながら正確に書くことをお勧めします。
戸籍謄本とは、戸籍の原本に記載された内容の全てを転写したものをいい、一部を抜粋して転写したものを戸籍抄本と言います。
登記事項証明書は、登記記録(不動産登記簿の場合は、土地や建物の権利の取得、喪失や変更などの事実を記載したもの)を複写し、登記官が認証したものを言います。俗に登記簿謄本とも言います。コピーを添付しても大丈夫です。
「財産目録」はパソコン等での作成も可能になりましたが、各ページに署名・捺印が必要です。

また、不動産に関しては「相続させる」と書きましょう。そうすることによって、単独で不動産の移転登記(不動産の所有者が移転したことを登記するための手続き)ができるなどのメリットがあります。遺贈の場合ですと、遺言執行者または他の相続人との共同申請が必要になります。

遺言書の書き方とポイント

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。