自筆証書遺言は自筆で残し日付・署名・押印をする

自筆証書遺言に求められる要件

遺言書を自分で書いて作成する「自筆証書遺言」は、いつでも、どこでも自分1人で書くことができ、訂正や書き直しも簡単にできます。
しかし、正式な遺言書と認められるには、次の要件を満たす必要があります。

遺言書は自分で書くこと
財産目録以外はワープロやパソコン・点字機などの使用は認められていません。

日付と名前を自分で書くこと
日付は○年○月○日まで記入する必要があります。(○年○月吉日のようなものは無効です。)

自分で押印すること
署名と押印が必要です(パソコン等で作成した財産目録は各ページに必要です)。押印に使うものは認印で構いませんが、トラブル防止のため、役場に登録した実印の方が望ましいです。

書き間違いがあったときには、遺言書の一部を訂正することが可能です。
ただし訂正の方法は次のように決められています。
①訂正する箇所に、挿入や削除の印をつける
②訂正箇所に正しい内容を記載する。
③訂正箇所に訂正印を押す
④遺言書の欄外や最後に「本遺言○行目中5字を加入(削除)」「本遺言○行目の〇〇を削除し、〇〇と訂正」などの一文を付記する。
⑤付記した箇所に署名する。

きちんとした方法で訂正しなければ、変更がないものとして扱われてしまいます。
後のトラブルを防ぐためにも、訂正が多い場合は書き直した方が良いです。
また、遺言書の保管方法ですが、偽造・変造防止のため、封印した上で、以下の手段を取ることになります。
①自宅の金庫などにしまっておく。
②銀行の貸金庫に預ける。
③信頼できる人に預ける。
④法務局(遺言書保管所)に保管する。

遺言書の書き方

①表題をつける
②文体、字体に定めはありません。
③署名は氏名を全部書きます。
④印鑑は実印が望ましいです。
⑤用紙、筆記用具の制限はありませんが、鉛筆や消えてしまうボールペンの使用は望ましくありません。
⑥枚数の制限はありません。
⑦日付は○年○月○日まで記入します。
⑧本人の直筆のみ有効です。(財産目録はワープロでも可)
⑨遺言者特定のために住所を入れます。
⑩縦書きでも横書きでも可能です。

遺言書を発見したときは、以下の手続きをとります。
①遺言書の保管者がいない場合は、発見した者が家庭裁判所に提出して、検認を受けます。
②封印してある遺言書は、家庭裁判所で相続人(もしくは代理人)立ち合いの上で、開封をします。
万が一封印のある遺言書を検認前に開封してしまった場合は、5万円以下の過料に処せられます。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。