遺産分割には現物、代償、代物などがあります

遺産分割の時の注意事項

相続人が複数いるようなときは、誰がどの財産をいくらくらいの割合で相続するのかといった話し合いをして、遺産の分け方を決めます。遺産の分配のことを「遺産分割」と言います。
最初に相続人を確定し、遺産内容を確定して、財産目録を作成します。
財産目録とは、財産と債務を記入した目録のことを言い、書式は特に決められていません。

遺言書がある場合は遺言書に記載された事項が優先されますが、なかった場合は、相続人全員が納得すればどういうふうに分割をしても大丈夫です。必ずしも法定相続分(民法で定められた相続財産の分配)通りに分割する必要もありません。

遺産分割を行わなければいけない期限は定められてはいませんが、相続税の申告までに遺産分割が決まらないと配偶者の税額軽減の特例などが受けられないため、その頃までには分割をしておいた方が良いでしょう。

遺産分割をする方法としては次の5つがあります。
①現物分割
現物のまま誰がどの財産を取るか決める方法です。最も一般的な方法と言えます。
相続分通りに分割しにくいというデメリットがあります。
②代償分割
ある相続人が法定相続分以上の財産を取得する代わりに、他の相続人たちに金銭(代償金)を支払う方法です。
③代物分割
ある相続人が法定相続分以上の財産を取得する代わりに、他の相続人たちに物を渡す方法です。
譲渡益に対して所得税が課せられます。
④換価分割
相続財産を売却し、その代金を分割する方法です。
公平な方法ですが、譲渡益に対して所得税が課せられます。
⑤共有分割
相続人全員で共有する方法です。土地などは共有して持分で分けます。
公平である反面、資産の自由度が低下します。

この5つの方法は、組み合わせて利用することもできます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。