動産の遺産分割方法

遺産となる動産には、車や家財道具などがあります。
被相続人がどのような人物であれ、遺産には必ず動産があります。しかし、現在は動産のほとんどの場合は交換価値が低く、場合によっては廃棄費用も「遺産持ち」(動産の中から経費を払う)となることが多くなっています。

動産の遺産分割

①衣類
最も普通に存在するのは衣類で、リフォームやリサイクルが流行とはいえ、たいていの古着は価値がありません。
形見分けで処理をされることが多く、遺産分割協議では省かれることが多いようです。

②身辺の器具
これには、書籍や家具などがあり、骨董品やブランド品など特殊なもの以外は事実上まとめられ、遺産分割協議書の上では、動産一式として多くは処理をされることとなります。
とはいえ、遺産には相違ないので、他の相続人に無断で処理をしてしまうと、そこに感情問題が生じ肝心の遺産分割協議がこじれてしまうこともありますので、慎重に扱うことが必要です。

③機械・器具
交換価値が高いことが多く、遺産分割の対象になります。

④自動車・船舶
これも交換価値が高く、遺産分割の対象になります。

⑤貴金属・書画骨董・美術品
遺産分割協議の対象とすべきものです。値打ちがないと思っても、捨てたり、他人にあげたりするのには注意が必要です。

⑥書類
交換価値があることは少ないですが、法的な重要書類であったり、資料価値があったり、被相続人に保管義務のある書類も存在しますので、必ず遺産分割協議の中で処理するべきといえます。その上で、相続人の合意により廃棄することは第三者の権利を侵さない限り差し支えありません。

動産の評価方法

家具は骨董品として価値があるものを除けば、低い価額となります。
しかし、宝飾品・貴金属になると話は別で、その評価は重要になります。過大評価をする者がいて揉める原因になることもありますから、評価の議論は注意する必要があります。
金・プラチナなどの地金であれば業界一律の相場が決まっています。しかし、宝石の評価が極めて困難になります。宝石そのものの鑑定はしやすくても、値段となると様々な変動要素があるので専門家でも容易には決めかねるものです。
デザインものの宝飾品も同様で、取り引きの値段も買値に比べるとだいぶ安く、百貨店の売値の1割から2割が業者の引き取る値段と言っても良いでしょう。
これは、有名ブランドの時計なども同様です。
とはいえ、実際に買うとなったら高い値段になりますから、欲しいという人がいれば売値も高額になるので、評価は買取希望者の有無にもよると言えそうです。

美術品の評価も難しいものです。
業者に引き取らせるのであれば、売れた値段によります。売らない場合で遺産分割協議でも話がまとまらない場合には、鑑定を経て決めることになります。
美術品の中には、偽物も多いのでその点にも注意が必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。