遺言を書く時の注意点

遺言書を書く時の紙や文字は

遺言には一定の形式が要求されますが、遺言書を書く紙については特に決まっていないので、原稿用紙や便箋などに書いてもいいですし、メモ帳でも構いません。書くときに使う筆記用具も自由ですが、原則として自筆証書遺言では、遺言者本人の自筆によるのでワープロなどで作成したような遺言書は認められません。
例えば、文面をワープロで作成したものに、手書きで署名し、押印したとしても無効になります。
自筆した遺言書の写真やコピーなども認められません。

遺言書を書く時の文字ですが、法律上は特に規定がないため漢字、平仮名、カタカナ、ローマ字すべて有効です。
また、方言、家族内の適用語を用いても有効ですし、速記記号、略符、略語でも良いとされていますが、一般的には、誰が読んでもわかるような文面で作成しておく方が安心です。

相続人名簿と財産目録を作成する

遺言書を書くときには人名や遺産の指定を間違えないように気をつけましょう。
家屋や土地の所在地や地番の間違いは意外にも多いようです。また人名の書落としも良くあります。
そんなことにならないためにも、まずは、相続人名簿と財産目録を作っておくと安心です。

遺言内容のフォロー

遺言の記載内容について疑問がなければ、争いが起こらないのかというとそうでもなくて、そうならないためには工夫が必要です。なぜ、この遺言内容になったのか、この相続分の指定にしたのか、という根拠を書いておくと良いです。
自筆証書遺言であれば、遺言書自体にそのことを書いておいても良いですし、公正証書遺言であれば遺言書と別のメモを用意しておくことも出来ます。

そのほかにも、遺言書を作成した当時に遺言作成者本人が正常であったことを証拠立てておくこともとても重要です。
その方法としては、本人が自筆の書面を書いておくことや、医師の診断を受けて精神状況の診断書を取っておくという方法があります。

何度も見直しましょう

遺言書は、一度作成して終わりというものではありません。
1年ごと、半年ごと、など一定の期間に応じて見直すようにしましょう。また、相続させるはずだったご家族が亡くなってしまったり、事情の変化があったりそのときに応じて見直していくことが必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。