遺言書の署名と押印の注意点

自筆証書遺言の場合には、署名押印がないと遺言が無効になってしまいます。

署名をする

署名は自筆で氏名を書きますが、これは通称でも構いません。
民法では「自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自署し、これに印を押さなければならない」と規定しています。
氏名とは戸籍上の姓名のことですが、本人だと判断できれば名前だけの記載でも構わないですし、署名が雅号、芸名、屋号、ペンネームなどであっても、遺言者との同一性が示せるようであれば有効になります。
ただし、性だけの署名については相続人が家族や親戚であることを考えると、避けた方が良いでしょう。

遺言書の印鑑は

自筆証書遺言の遺言書の押印は、実印を使用しなければならないという制限はないですし、拇印でもいいと考えられていますが、被相続人本人のものかどうかの判読が難しいため、トラブルになりやすいので、できれば実印を押しておくのが安心です。

遺言者の死後、遺言書に押印がないのを知った相続人などが印鑑を勝手に押してしまったりすると、遺言書を偽造・変造したとみなされてしまうので注意が必要です。さらに、印鑑を押した人は相続欠格者になってしまう可能性もあるので気をつけましょう。そんなことになってしまわないためにも、遺言書を作成した後には、必ず押印をしたかどうかを確認するようにしてください。

自筆証書遺言には、遺言者本人の署名押印が必要になります。万が一署名や押印がなかった場合にはその遺言は無効になってしまいます。署名押印をする場所は問いませんが、押印は署名に続けてしなければなりません。
ただし、判例では、署名押印が遺言書自体にはなく封書にあったような場合には、遺言書と一体の部分に署名押印があったとして、遺言を有効としたものもあります。
しかし、封印のある遺言は家庭裁判所において相続人が代理人の立ち合いのもとで開封しなければならず、これに違反すると封筒と遺言書が一体であるという証拠がなくなってしまうので、注意が必要です。

署名はあるが押印がない

公正証書遺言については、専門家が遺言書を作成するため署名があって押印がないというケースは考えられませんが、自筆証書遺言の場合には押印を忘れるというケースも十分にあり得ます。遺言の場合、押印が必要不可欠になるので、押印のない遺言書については、原則としてすべて無効になってしまいます。
なお、押印の種類にはその使用する印鑑によって、実印(市区町村への印鑑登録により印鑑証明書を受けることができる印鑑)、認印などがありますが、法律的には使用する印鑑については、特に指定していません。
しかし、遺言者の意思を正しく伝えるためにも、遺言書に使用する印鑑については、実印を使用するのが安心と言えます。また押印の代わりにサインのような手書きのものを書いたとしても認められません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。