家族葬・自由葬という選択肢

家族葬とは、死亡した家族や近親者のみで行うお葬式のことを言います。
以前は、「密葬」と言っていましたが、社会的にイメージが良くないという理由から「家族葬」という言葉が使われるようになりました。
直葬と違い、規模は小さいものの通夜や葬儀は行います。
しかし、それぞれの内容に関して決まり事がなく、自由にアレンジをすることができます。
例えば、お坊さんに枕経をあげてもらいたいようであればそのようにできますし、宗教を一切忘れて個人の好きだった音楽などを流して送っても構いません。
家族葬という言葉が生まれたのは、価値観が多様化し、今までの世間体を気にしたお葬式に対して疑問を抱く人が増えてきた影響が考えられます。

ただ一つの注意点としては、亡くなった方と家族や近親者との別れの場にするということです。
なので、特に注意しなければならないのは参列者の選定です。
参列者の選定といっても、「血縁者は優先して呼ぶ」ということではなく、ほとんど交信のない人を呼ぶよりも、親友や故人が生前に特にお世話になった方々をお呼びした方が良い場合もあります。誰を呼んで誰を呼ばないかは、よく検討をする必要があります。
参列をお願いする人には、家族葬であることをあらかじめお伝えし、参列の際の服装、香典や食事の有無、宗教など相手がどのような心構えで参列すれば良いのか分かるようにできる限り式の具体的な内容をお伝えするようにします。

家族葬に決まった形式はありませんので、費用もまちまちになります。
家族葬をサービス対象にする葬儀社も増えてきていますが、サービス内容によっては不必要なサービスも含まれている場合もありますので、葬儀社と相談の上、自分たちの気持ちに最もあう内容のお葬式にするように心がけることが必要です。

自由葬という選択肢

葬儀の中に個人の趣味や好きだったものを取り入れ、個性的な演出をするのが自由葬です。
生演奏で音楽を流して送る「音楽葬」、故人のビデオ映像を流す「ビデオ葬」、故人が書いた絵や撮影した写真などを展示する「個展葬」などがあります。祭壇は一般的に簡素で、参列者も自由な服装で参列する場合が一般的です。
葬儀という言葉をあえて使わず、「お別れ会」とすることも多いようです。
典型的なお葬式と違い、故人の生前の人となりが参列者にもよく分かるような葬儀になります。

家族葬や自由葬をしたいと思った場合には、生前から家族に葬式の希望を頼んでおくことが必要になります。
家族との同意を得ておくことで、残された家族にも大きな負担をかけずに個性的なかたちで故人との別れを行うことができるようになります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

直葬という選択肢

次の記事

お墓について