お墓について

お墓にかかる費用というと、墓跡代や墓地代などが頭に浮かびます。
もちろんこれらにかかる費用は大きいのですが、それはお墓を建てる時のお話で、これに加えて墓地を管理するためにお寺や霊園に支払う管理費や納骨時にかかるお布施、文字彫刻費用、お供え代、お花代、建てかえ代など、お墓を維持するためには様々な費用がかかってきます。
さらに、自宅と墓所が遠いような場合には、お墓の掃除やお参りに行くだけで交通費や宿泊費などが必要になります。
このように考えると、お墓を維持するにはかなりの負担を覚悟しなければなりません。

これまでは、「人が亡くなったらお墓に入る」と言うのが当たり前に考えられていましたが、最近はその常識も変わりつつあります。
お墓に入るにしても、先祖代々のお墓に入るのではなく、墓以外の方法で菩提を弔って欲しいと考える人が増えています。
特に女性の場合にその傾向は強いようで、「死んでからも夫やその家族と一緒にいたくない」「参ってくれる人がいないのに墓を立てても仕方がない」などの理由から墓に入らないと言う選択をする人が増えているようです。
その背景としては、宗教意識の薄れや核家族化・少子高齢化などに伴う家制度の崩壊といったことが挙げられます。
特定の宗教を持たない人の場合、墓の管理の仕方や祀り方の作法といったことがわかりにくく、どうしても墓を建てたいと言う気持ちが湧きにくくなります。また、核家族化や少子高齢化で先祖代々の墓を守れる人が近くに居なくなり、放置されてしまうということも珍しい話ではありません。
このような状態になってくると、墓は経済的にも精神的にも負担がかかるだけのものとなってしまいます。
そのような現状を知っていると、お墓への執着が薄れていきわざわざお墓に入らなくても良いかなぁと考える人が増えています。

とはいえ、これまでの慣習を考えると墓を持たないという選択をするのも勇気がいるものです。
そこで、墓という形を取りながらも生きている人の負担にならず、かつ放置されずに済むという理由で人気を集めているのが「永代供養墓」です。
永代供養墓とは、ほかの人と一緒に合葬され、子孫の代わりにお寺が永代にわたって供養してくれるお墓のことです。
最初から遺骨を一つにまとめるタイプや、骨壺を広い納骨堂におさめるタイプ、共同の大きな墓石を設置するタイプ、個々の位牌を祀る祭壇を設置しているタイプなど様式はさまざまありますので、いろいろ比較してみると良いでしょう。
また、永代に供養してもらおうと思うと、そのお寺が長く続くことが条件になりますので、運営方法などについても確認しておく必要があります。

永代供養墓を含め、お墓というかたちで供養をしない場合の選択肢としては、他には海や川、河川などに遺灰を巻く「自然葬」という方法や、遺骨を土に埋め、そこに植樹をする「樹木葬」という方法などが挙げられます。
いずれも「死んだら自然に還りたい」という願いを叶えるものであり、また遺族を墓という呪縛から解き放つ新しい方法ともいえるでしょう。
そのほかにもいろいろとユニークな方法が出てきているので、元気なうちにご家族と話し合いの時間を持って相談するのも良いですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。