子の相続放棄が親を窮地に追いやる?!

「相続で財産をもらうつもりはないから、相続放棄をする。」「借金があるから相続放棄をする」そう思っている方もいらっしゃるかと思いますが、相続放棄はいうほど簡単なものではありません。
相続放棄を一度してしまうと、「もともと相続人でなかったことになる」ほか、「相続放棄をすると何も相続できない」ことになります。

たとえば、父親が亡くなって子が母親に全て相続させたいという思いから、子の全員が相続放棄をした場合、その父親には「子」がいなかったという扱いになってしまいます。そうすると、父親の第二順位の法定相続人「親」が相続人になります。また「親」がいなかった場合には、第三順位の兄弟姉妹が相続人となるのです。
そうなると、可能性として父親の兄弟姉妹が、その母親に対して「財産を渡してください。」と言ってくる可能性が出てきてしまいます。

こうなることがないように、子が財産をもらう必要がないと思っているような場合であれば、相続人同士の話し合いで「母親が全部相続する」と決めれば良いことで、相続放棄の手続きなど必要ないのです。

相続放棄が必要な場合というと、相続財産のなかに多額の借入金や保証債務などがあるような場合です。借金を相続したくないようであれば、「相続放棄」をすれば相続をしないという選択が可能です。

ただ、その場合に気をつけたいのが、先程のケースと同じように自分が相続人でなくなることで、他の人が相続人となってしまい、その人が借金を背負うことになる可能性があるということです。
そのようなことにならないように、相続放棄をするような場合には次順位の人にも事情を説明をし、併せて相続放棄をする等の対策が必要です。

借金があっても相続できない場合がある?!

借金があるような場合であれば、相続放棄をすれば良いと言っても、なかには相続放棄ができない人もいます。
例えば、亡くなった本人が全て自分で財産管理をしていて、その本人が借金をしていたことも知らず、全ての財産を相続をしてしまった後に借金があることを聞いたような場合です。

また、相続の対象となる借金には、亡くなった本人の借入金のほかに、他人の借金の保証人になっている「連帯保証」も含まれます。
亡くなった方に借入金があるかどうかというのは、返済表や銀行預金などの履歴を調べれば、発見するのはさほど難しくないですが、連帯保証は現在発生していない債務なので、見つけるが難しくなります。

このようなことを心配しなくても済むように、話しにくい内容ではありますが、できるだけ事前にご家族で確認しておくことが必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。