会ったこともない相続人との遺産分割

相続人の中に「会ったこともない人」が含まれていたら、どう対処すれば良いのでしょうか。
まずは、相続人調査をしっかり行って、丁寧な文章で手紙を送ってみましょう。トラブルになる可能性があるような場合には、弁護士など専門家に相談することも検討してください。

なぜ会ったこともない相続人が現れるのか

そもそも、どうして遺産分割の際に会ったこともない相続人が現れる可能性があるのでしょうか?

・相続人調査の過程で会ったこともない相続人が判明
遺産分割するためには、「相続人調査」をしなければなりません。
その際に、取り寄せた戸籍謄本等を確認していくと、今まで会ったこともなかった相続人が判明する可能性があります。
例えば、被相続人が再婚をしていたような場合に、死亡時の家族が知らない子などの相続人が判明するケースが少なくありません。

・会ったこともない相続人のパターン
相続人調査で「会ったこともない相続人」が現れるパターンの代表例が次のようなものになります。
・前婚の子
被相続人が何度か結婚をしているような場合、前婚の際に子が生まれている可能性は十分考えられます。前婚の子も相続人として、死亡時の家族の子と同じだけの相続権が認められることになりますので、共同で遺産分割協議をしなければなりません。
・養子・養親
被相続人が養子をとっていたり、誰かと養子縁組をして養親がいたりすると、その方たちにも相続権が認められることがあります。
・認知した子
被相続人が婚外子を作って認知していたとしたら、認知された子にも相続権が認められます。
・死後認知を請求してきた子など
被相続人が生前に子を認知していなかったとしても、子の方から死後に認知請求をしてくる可能性もあります。認知請求が認められればその子にも相続権が認められます。

会ったこともない相続人が現れた場合の対処方法

会ったこともない相続人が現れた場合でも、そのまま無視をして遺産分割をしてはいけません。
なぜなら、遺産分割は相続人が「全員」参加をして合意しなければならないと定められているからです。そのまま無視をして遺産分割協議を行ったとしても、無効になってしまいます。

先ほど、冒頭でもお伝えしましたが、あったことのない相続人が判明した場合には、まず相手に手紙を送ってみましょう。
被相続人が死亡したことをお伝えし、遺産分割の話し合いをしたいということを伝えてみてください。相手から連絡があれば、遺産分割を進められることになります。
万が一、相手から無視されたり、手紙が届かなかった場合には、相手の住所地へ行って状況を確かめてみてください。
手紙も無視され、訪問しても対応をしてもらえないような場合には、家庭裁判所に「遺産分割調停」の申立てをしましょう。
遺産分割調停とは、家庭裁判所で相続人が全員参加して遺産分割方法を話し合うための手続きになります。調停を申立てると、家庭裁判所から相手方へ呼出状を送ってくれます。
自分が連絡した時は無視をされてしまったようなケースでも、家庭裁判所から呼出状が届けば対応する人も少なくありません。
また、調停を利用すると間に調停委員が入ってくれることになるので、相手と直接顔を合わせて話さずに済みます。
会ったこともない相続人と話すのは緊張してしまう方や、話しにくいと感じられる方にも遺産分割調停はおすすめの方法になります。

会ったこともない相続人とのトラブル解決法

前婚の子とその後の婚姻時の子、認知された子と婚姻時に生まれた子、養子と実子など、知らない間柄の相続人にはそれぞれの思いがあります。死亡した被相続人に対する思いや、遺産に対する意識も大きく異なるケースが多いかと思います。
自己判断で対応してしまうとお互いの利害が対立してしまったり感情的になってしまい話がまとまりにくくなります。
会ったこともない相続人が判明したような場合の遺産分割協議は、特に慎重に進めていく必要があります。

例えば、できるだけ相手の立場に立って、和やかに丁寧な態度で話すことを意識してみてください。
どうしても、自分たちだけでは解決できない場合には、先ほどもお伝えした「遺産分割調停」を申立てて調停委員に間に入ってもらうことを検討し、弁護士に遺産分割の代理交渉を依頼する方法も効果的かと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。