相続財産の調査方法とは

遺産を相続することが決まったら、亡くなった人の「相続財産調査」をしましょう。
どんな相続財産があるのかがわからないと、相続人を全員集めて行う遺産分割協議を始めることができません。
負債が多い場合には、相続放棄などをすることも考える必要があります。

相続財産調査の必要性

相続財産調査は、どんな遺産があるのかを調べることを言います。
不動産や現金、預貯金、車や動産などの資産はもちろんですが、借入金や未払いの家賃、税金などの負債も調査しなければなりません。負債を受け継ぎたくない場合には、被相続人がなくなって相続することを知ってから3ヶ月以内に相続放棄か限定承認をする必要があります。
3ヶ月を経過してしまうと、負債を相続せざるを得なくなる可能性があります。

相続財産調査の方法

①現金
自宅などに保管されている現金を確認します。
タンスや棚、金庫や床下、倉庫、机などを探してみましょう。貸金庫内に保管されている可能性もあります。

②預貯金
預貯金は各金融機関へ問い合わせをして、「残高証明書」や「取引明細書」を発行してもらいます。最近では、ネット銀行を利用している方も増えてきているので、パソコンやスマホの履歴やアプリなどのチェックもしましょう。

③貸金庫
被相続人が金融機関で貸金庫を利用している場合もあります。
貸金庫の内容を確認する際には、相続人全員が立ち会わないとトラブルになってしまう可能性もありますので、他の相続人にも声をかけて全員で内容を確認するようにしましょう。

④株式、投資信託
株式や投資信託については、取引をしていた証券会社に問い合わせて明細を出してもらいます。
ネット証券を利用している可能性もありますので、預貯金と同様にパソコンやスマホのチェックもしましょう。

⑤不動産
不動産は法務局で全部事項証明書を取得して、不動産会社に査定を依頼しましょう。
詳細がわからない場合には、市区町村役場で「固定資産課税台帳」を閲覧して確認をします。台帳には、被相続人がその市区町村に持つ不動産が全て書いてあります。
別の市町村に不動産があるときには、その市町村役場で改めて申請をすることになります。

⑥車
車は、車検証を確認したうえで、どのくらいの価値があるのか査定してもらいます。

⑦動産
自宅内にある絵画や骨董品、宝石類や時計などの動産を調べます。

⑧保険金
被相続人が加入している保険があれば、保険証書を確認して詳細については契約先の保険会社に問い合わせをして確認をしましょう。

⑨負債
負債は債権者から届いている督促状や保管しているローン契約書などを確認します。
また、信用情報機関に問い合わせをするとサラ金やクレジットの利用履歴が分かります。

調査の時に必要になるもの

相続財産調査をするときには、調べる人が「相続人である証明」が必要です。
金融機関や役所で資料を申請するときには、次のようなものを用意してから行くようにしてください。
・身分証明書(運転免許証や保険証等)
・被相続人の死亡を確認できる戸籍謄本や除籍謄本
・戸籍謄本など被相続人との関係を示す資料
・印鑑(認印または実印)など

相続財産調査が終わったら、「財産目録」を作成しましょう。
財産目録とは、財産の明細を明らかにする表になります。まず資産の部と負債の部に分けて、資産については現金・預貯金・不動産・車・株式・投資信託など項目ごとに明細を書いて評価額を記載し、資産の小計を出します。
次に、負債の部には借入金や未払い家賃などの負債の明細と残債額を書き、小計を出して記載をします。
資産承継と負債小計を差し引きして、遺産全体の評価額を出します。

遺産を相続することになってから、亡くなった人の財産を調べるのはとても手間がかかりますので、生前から家族で財産目録を作成しておくことで、遺産内容が明確になりますので遺産分割協議をスムーズに進めやすくなり、相続税の計算の際にも便利です。
パソコンやスマホのパスワードについても家族間でわかるようにしておけば、さらに安心です。

ご自身で相続財産調査をするのが難しい場合には、弊所でもご相談を承っておりますので、まずはお気軽にお声がけください。財産目録の作成のほか、遺産分割協議のサポートや遺産分割協議書音作成についてもご相談を受け付けております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。