終活でお墓を準備するメリットは?

終活の中でも、重要なテーマのひとつであるお墓や埋葬の問題。
なぜなら、一度お墓に納骨してしまうと簡単には移動することが出来ないからです。また、遺骨を合同葬(他の方の遺骨と一緒に納める墓)に納骨したり、散骨したりすれば、遺骨を2度と取り戻すことはできません。
お墓や埋葬の選択肢にはどのようなものがあるのか、またどのように選んでいけば良いのかお伝えいたします。

終活でお墓を準備するメリット

①自分の希望が反映され、遺族の負担も軽減
生前にお墓を準備したり、方向性を決めておくことで自分の希望通りに埋葬してもらえる可能性が高くなります。同時に、本人の希望がわかれば残された遺族の負担も軽減されます。
まったくなんの準備もされていないと、遺骨をどうするか遺族が悩むことになります。
先祖代々のお墓がある人でも、お墓のある場所が遠くて墓参りに行くには時間的にも経済的にも負担が大きくなってしまうケースもあります。
また、そのお墓を別の人が管理しているような場合であれば、納骨を断られてしまうこともあります。

「どのような方法での埋葬を希望しているのか」「生前に購入しているお墓はあるか。あるとすればどのあたりにあるのか」「納骨や墓の管理を誰に頼むのか」などを、あらかじめ整理して家族と話し合いをしておくと安心です。

②相続税の軽減
墓地の権利や墓石は、相続税非課税なので生前にそれらの代金の支払いを済ませておけば、その分相続税は掛からなくなります。

お墓を選ぶポイント

「遺骨は必ずお墓に納めなければいけない」という決まりごとはありませんので、最近ではご夫婦のどちらか、あるいは親や子が亡くなったときに残された者が亡くなるまで自宅に遺骨を置いておくという方も増えてきています。
それに合わせて、遺骨が収納できる仏壇なども販売されています。
ただし、いずれかはどこかに納める必要が出てきますので、その時のことを含めて考えていきます。
まず、お墓には3つの役割があります。
①遺骨の収納場所
②遺族などが個人を偲ぶ場所
③自分や個人が生きた証

遺骨の収納場所としては、一般的な墓地の他にも、永代供養墓や集団墓、共同墓、納骨堂などがあります。また、海洋散骨や樹木葬のように、海や大地に粉末にした遺骨を巻く方法もあります。
遺族などが個人を偲ぶ場所としての役割も大切です。
お墓参りで個人に語りかけるということは、多くの人が行った経験があるかと思います。共同墓や納骨堂でも、花や線香を手向ける場所を設けているところが数多くあります。
自分や個人が生きた証として、お墓が欲しいという人もいます。
通常は墓石や墓誌に氏名を刻みますが、共同墓や納骨堂でも納骨した方の氏名が書かれたプレートを残せるようなところもあります。

このような役割を念頭に置きながら、次のようなポイントでお墓や埋葬方法を選ぶと良いかと思います。
①お墓の跡継ぎがいるか
従来型の一般的なお墓(家墓/墓地に墓石を建てるタイプ)は、お墓を引き継いで管理してくれる人がいることを前提としています。
なぜなら、墓石は購入するものの墓地は借り物なので購入時には「永代使用料」を払って墓地を借りる権利を入手し、そのあと毎年お盆や墓地の管理費を支払います。寺院墓地(檀家のためのお墓)であれば「お布施」などのお寺に関連する支払いや。寺の行事への参加を求められることがあります。

跡継ぎなどに引き継げる場合のお墓として
・家墓(いえはか)・・・墓地を契約してそこに墓石や墓碑を建てます。
・納骨堂・・・遺骨を安置するための施設です。ロッカー式、棚式、仏壇式、自動搬送式など、遺骨を収めるスタイルには色々とあります。跡継ぎ不要で一代限りのものもあります。
・樹木葬・・・墓石ではなく、代わりに樹木の下に納骨をします。1区画を契約して定員に達するまで家族で使うことができるものもあります。遺骨をそのまま土に埋める、専用の袋に入れて埋める、粉末にして里山の所定の区画に撒くなどさまざまな方法があります。

跡継ぎなどがいらないお墓として
・永代供養墓・集合墓・・・寺院やお寺の管理者に管理してもらえる一代限りのお墓です。33回忌など一定の期間が過ぎたら合同葬(他の遺骨と一緒に埋葬)されるのが一般的です。夫婦ではいる「夫婦墓」というのもあります。
・共同墓・・・集合墓とかたちは似ていますが、会員組織になっているという特徴があります。
・納骨堂・・・遺骨を安置するための施設です。跡継ぎのいらないタイプもあります。
・樹木葬・・・跡継ぎがいらないタイプもあります。
・その他・・・遺骨を宗派の本山に納骨する「本山納骨」、お寺に納めた遺骨を粉状にして土に混ぜて仏像を作る「骨仏」、粉末にした遺骨を船から海に撒く「海洋散骨」などがあります。

②宗教
一般的な家墓の場合、お墓はお寺などの宗教と結びついていることが多いので、宗教も重要なポイントになります。
一般的な寺院墓地は檀家のためのお墓であるため、納骨時にはそのお寺またはその宗派の戒名をつけることが求められますので、宗教に捉われたくないようであれば、宗教宗派を問わない「民営墓地」や「公営墓地」が選択肢として挙げられます。

③予算
墓地に墓石を建てる家墓の場合「墓地の永代使用料」と「墓石代・工事費」などの合計で大体150万〜500万円程度かかります。利便性の良い都市部は永代使用料が高いが墓石は小さめ、都市部以外では永代使用料は安いものの、墓地が広くお墓全体が大きくなるので墓石等の代金が高くなります。
その結果、都市部であっても都市部以外であってもかかる金額はあまり変わらないようです。

永代供養墓や集合墓、共同墓、納骨堂、樹木葬は家墓より費用はリーズナブルです。
ロケーションや設備、個別か合同かにもよりますが、数万円〜数十万円です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。