秘密証書遺言とは?

遺言書を書きたいと思っている方の中には、遺言の内容を自分が死ぬまで誰にも知られたくないという方もいらっしゃるかと思います。
その場合、秘密証書遺言を書くという選択肢が考えられます。
しかし、秘密証書遺言が利用される事はほとんどありません。今回は、そんな秘密証書遺言のメリットデメリットをお伝えいたします。

秘密証書遺言のメリット・デメリット

秘密証書遺言のメリット
秘密証書遺言のメリットは、その名の通り遺言の内容を誰にも知られないという事です。遺言者以外の親族等はもちろん、遺言作成時に関与する公証人も中身を見ていないため、公証人にも知られる事はありません。
公証役場では2人の証人の同席が必要となりますが、公証人と同じように、2人の証人にも内容を知られる事はありません。

また、全文自筆が求められる自筆証書遺言と違って、パソコンでも作成することができます。
代筆をしてもらうことも可能です。秘密証書遺言で遺言者に求められていることは、署名と押印だけです。ただし、代筆をお願いする場合には、もちろん代筆者には遺言の内容が知られてしまうことになります。
また、代筆者がいる場合は、その人を「筆者」として公証人に申し述べないと無効になってしまうので注意が必要です。

また、公正証書遺言に比べて、公証人に支払う手数料が安くなるというのもメリットのひとつかと思います。

秘密証書遺言のデメリット
秘密証書遺言のデメリットは、自筆証書遺言に比べて手続きが面倒なことです。公正証書遺言と同じように、公証役場に行く必要があり、証人を2人同席させる必要があります。

また、せっかく書いた遺言でも、遺言者が亡くなった後に「発見されない」というリスクもあります。
この点は自筆証書遺言と同じです。発見した相続人等が中身を見て、自分に不利だと思って捨ててしまうリスクも否めません。もちろん遺言を捨てるという行為は違法にになりますが、万が一捨てられてしまうと、遺言の内容が分からなくなってしまいます。

秘密証書遺言の作成方法

①遺言をする人が遺言を書いた証書
紙に署名・押印をします。
本文はパソコンで作成しても構いません。万が一日付が抜けてしまっていても無効となる心配もありません。

②封印
遺言をする人がその証書を封筒に入れて、証書に押印したいんで封印をします。

③公証役場に持って行く
封印した封書を公証人役場に持っていき、公証人と証人2人の前で、自己の遺言書である旨と、遺言の筆者(遺言の本文を作成した人)の氏名と住所を申し述べます。
公証人は、その証書が提出された日付と遺言者の申述を封紙に記載します。そこに、公証人は、遺言者・証人とともに署名・押印をします。公証人が記載した日付が遺言がなされた日付となります。
封印された秘密証書遺言は遺言者に渡され、遺言者の責任で保管をします。

秘密証書遺言の注意点

秘密証書遺言は遺言者以外に誰も中身を見ていないため、有効な遺言にするための責任はすべて遺言者自身になります。
様式を守っていても、遺言の中身が「遺産を遺言者の希望どおり分配できる内容になっているか」というのは、別の問題になります。
遺産として記載されたものに、漏れや間違い、あやふやな記載で財産の特定ができないなど、内容を細やかに確認をする必要があります。
また、「遺言が執行できる内容になっているか」については、自筆証書遺言と同様に注意が必要になります。
せっかく遺言書を作成したのに、無効になってしまうことがないように気をつけてください。

そして、秘密証書遺言は一般の自筆証書遺言と同じように家庭裁判所の検認が必要になります。
封印がされているため、そのまま開けずに遺言書を家庭裁判所に持っていき、裁判官の前で封印を解かなければなりません。それを守らないと過料が課せられてしまいます。
自筆証書遺言の場合には、法務局での遺言保管制度を利用すれば検認の必要がなくなりますが、秘密証書遺言についてはそのような制度もありません。

その点、公正証書遺言であれば検認も必要ないですし、遺言者自身で封印しておけば相続人等に遺言書の内容が分かってしまう心配は無いでしょう。また公証人には守秘義務が課せられていますので、公証人から他人に遺言書の内容が漏れることはまずないと考えておいて良いと思います。
証人については、身近な人に依頼をしてしまうとその方から遺言の内容が漏れてしまう心配もありますので、承認には専門家に依頼をした方が安全かもしれません。

これらのことから、秘密証書遺言よりも、相当の手数料の負担はありますが公正証書遺言の方が遺言の有効性が担保され安心です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。