相続放棄をしても管理義務が残る?

田舎にある家や山林などを相続したくないときに、相続放棄をしても家や山林の管理義務まで逃れられるとは限りません。
例えば、相続人の全員が相続放棄をしてしまったら、放棄者にも管理義務が及ぶことになるので注意が必要です。管理義務を免れるためには、家庭裁判所で「相続財産管理人」を選択する必要があります。
今回は、相続放棄者の管理義務の内容や、相続財産管理人の選任方法等をお伝えします。

相続放棄をしても管理義務が残る

「相続放棄」をした場合には、不動産や株主などの資産を相続することができません。
しかし、相続放棄をしても不動産等の管理義務が残ってしまうケースがあります。
民法940条には、
相続を放棄した者は、その放棄によって相続人となったものが相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

とあります。
例えば以下のような場合には、相続放棄者に管理義務が及びます。
・相続人が1人で後順位の相続人がいない
・複数の相続人が全員相続放棄をした

どの程度の管理を行わなければいけないのかというと、「自分のものを管理するとき」のものとなります。他人のものを預かる場合の善管注意義務よりは軽いと考えられていますが、放置してしまうとトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
老朽化してしまった家や田畑、山林などを相続してしまった場合管理が面倒な場合でも、適切に対応しておくことが大切です。もしも、相続放棄者が適切に財産を管理しなかった場合には、どのようなリスクが考えられるのでしょうか。

・損害賠償請求される
適切な管理をしなかったために財産が毀損されると、債権者が債権を回収できなくなってしまったり、受遺者が遺産を貰えなくなってしまう可能性があります。
そうすると、相続放棄者の管理責任として損害賠償をされてしまうリスクが発生します。
また、老朽化してしまった家の壁などが倒壊して通行人に怪我をさせてしまった場合などには、怪我をした第三者から損害賠償される可能性もあります。

・事件に巻き込まれる
例えば、田舎の家を放置していて犯罪集団のアジトや薬物栽培の場所などに使われたり、放火されたりすると、管理義務者である相続放棄者が事件に巻き込まれる可能性があります。

相続放棄の効果が亡くなるケースもあります。
相続放棄者に管理義務が及ぶ場合であっても、勝手に遺産を処分してしまうと「法定単純承認」が成立してしまい相続放棄がの効果がなくなってしまいます。そうすると、全ての遺産を相続しせざるを得なくなり、借金が遺された場合などには不利益を受ける可能性が発生します。

管理義務を免れるには

相続放棄をした人が管理義務を免れるためには、どうしたら良いのでしょうか。
・次順位の相続人に引き継ぐ
民法によると「次の相続人が管理を始めるまで」管理義務が及ぶと規定されていますので、次順位の相続人がいる場合には、その人に財産を引き渡してしまえば管理義務は無くなります。

・家庭裁判所で相続財産管理人を選任する
相続人が全員相続放棄をしてしまったら、次順位の相続人に財産を託すことができません。
その場合には、最後に相続放棄をした相続人が管理義務を免れるためには、家庭裁判所で「相続財産管理人」を選任する必要があります。
相続財産管理人とは、遺産を管理して債権者への支払いや受遺者への遺贈を行い、相続財産の精算を行う人のことを言います。相続財産管理人に遺産を引き渡してしまえば、相続放棄者は遺産の管理をしなくても良いことになります。

相続財産管理人を選任したいときは、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所での選任の申し立てを行いましょう。
必要書類や費用などは、次の通りになります。
[必要書類]
申立書(裁判所に書式が用意されています)
被相続人の出生時から死亡時までの全ての戸籍謄本類
被相続人の両親の出生時から死亡時までの全ての戸籍謄本類
被相続人の子や代襲者で死亡している人がいれば、その子や代襲者の出生時から死亡時までの全ての戸籍謄本類
被相続人の直系尊属(祖父母、曽祖父母など)の死亡の記載のある戸籍謄本類
被相続人のきょうだいで死亡している人がいる場合、そのきょうだいの出生児から死亡時までの全ての戸籍謄本類
代襲者としての甥や姪で死亡している人がいる場合、その姪や甥の死亡の記載がある戸籍謄本類
被相続人の住民票除票または戸籍附票
財産に関する資料(不動産登記事項証明書、固定資産評価証明書、預貯金通帳、残高証明書、証券口座の取引内容が分かる資料など)
相続放棄者と被相続人の関係が分かる戸籍謄本
財産管理人の候補者を立てる場合、候補者の住民票または戸籍附票

[費用]
収入印紙800円、連絡用の郵便切手数千円程度
そのほかに「予納金」20〜100万円程度を払わなければいけない可能性があります。予納金は、相続財産管理人が遺産の生産を進めるのに必要な経費や相続財産管理人の報酬に当てられるお金です。

[相続財産管理人の候補者について]
相続財産管理人の選任を申し立てる際「候補者」を立てることができます。親族や相続放棄者が候補者になっても構いません。
ただし、必ずしも候補者が採用されるとは限りません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。