再転相続とは

相続が二重に発生した時の相続放棄はどのように行えば良いのでしょうか。
例えば叔父が亡くなって父が相続をし、その父が相続放棄をする前に亡くなってしまい、子が相続をしたような場合です。
叔父が借金をしていたら、子としては叔父の借金のみを相続放棄して、父親の遺産は相続をしたいと考えるでしょう。このように、熟慮期間が経過する前の連続した相続のことを「再転相続」と言います。
今回は再転相続における相続放棄の熟慮期間の数え方についてお伝えいたします。

再転相続とは

「再転相続」とは、当初の相続における相続人が熟慮期間中に相続放棄や単純承認をする前に死亡し、次の相続人が相続をしたケースを言います。1回目の相続を一次相続、2回目の相続を二次相続と言います。
[再転相続の具体例]
・祖父が亡くなって父が相続をし、父親が相続放棄をする決める前に亡くなり、子が相続をした
この場合、祖父が一次被相続人、父が一次相続人(二次被相続人)、子が二次相続人です。
祖父の死亡が一次相続、父の死亡が二次相続となります。

再転相続が起こった場合、最終の相続人(二次相続人)は、1人目の被相続人と2人目の被相続人の両方について、相続放棄するかどうかを決めなければなりません。
ただし、1人目と2人目のそれぞれについて、必ずしも自由に放棄と相続を選べるわけでないので注意が必要です。

一次相続と二次相続のどちらも単純承認やどちらも相続放棄という対応は問題なくできます。
二次相続のみ承認、一次相続は放棄のパターンも認められます。
一方で、再転相続人が二次相続を放棄し、一次相続をのみを承認するという方法は認められません。例えば、子が父の遺産を相続放棄して、祖父の遺産のみを受け取ろうとしても、それはできないということです。

二次相続を放棄したら一次相続の相続人としての地位も無くなるので、一次相続を承認できなくなってしまうからです。
例えば、父に負債がある場合、父の借金は相続せず祖父の遺産のみを受けたりたい場合があるかもしれませんが、二次相続を放棄してしまうと、そういった対応は認められないので注意しましょう。

再転相続の熟慮期間

再転相続が生じると、「いつまで相続放棄できるのか」というのも問題となります。
熟慮期間は基本的に「自分のために相続があったことを知ってから3ヶ月」と規定されています。この期間内に家庭裁判所で相続放棄の申述をしないと、放棄したいと思っても受け付けてもらえなくなってしまいます。
借金が残されている場合にも、全て相続しなければなりません。

・再転相続の熟慮期間の起算点
再転相続の場合に、熟慮期間はどうやって計算するのでしょうか?
まず、二次相続については「二次被相続人の死亡を知ってから3ヶ月」と計算して問題ありませんが、一次相続については「二次被相続人の死亡を知ってから3ヶ月」と考えるのが従来の通説です。
この考えによると、例えば叔父が亡くなって父親が相続人となり、父親も死亡して子が再転相続人となった時、父親が死亡して3ヶ月が経過した時点で子は叔父の相続放棄もできなくなってしまうということです。

しかし、子と叔父に関わりがなかった場合、子は叔父に死亡の事実や自分が叔父の再転相続人となったことを知らないケースも多いかと思います。そのような場合にまで、「父親の死亡後3ヶ月以内に叔父の相続放棄をしなければならない」とするのは、不合理です。
そこで、最高裁では再転相続の場合において「一次相続の相続人となったことを知ってから3ヶ月以内」であれば、一次被相続人の相続に関して相続放棄するできると判断しました。

つまり、二次相続については二次相続人の死亡を知った時から3ヶ月、一次相続については一次被相続人の死亡を知った時から3ヶ月でカウントできることになるので、一次相続と二次相続の熟慮期間は異なる可能性が発生します。
二次被相続人の相続放棄はできなくなっていても、一次被相続人の相続放棄は認められるケースがあることを覚えておくと良いでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。