亡くなったひとがおひとりさまだった場合、法定相続人は誰になる?

相続が発生した場合に、誰が法定相続人となり財産を相続するのでしょうか。
特に、おひとりさまの場合には誰が法定相続人となるかが少しややこしい場合もあります。また、法定相続人がいない場合には相続財産はどうなるのでしょうか。

法定相続分とは

法定相続分とは、民法で定められた相続財産全体に対する各相続人の持分のことを言います。
亡くなった人が遺言を残しておらず、どの相続人がどれだけ相続財産を引き継ぐかの指定がない場合は、民法の規定によりどの相続人がどれだけ相続財産を相続するかが決まります。
ただし、遺言がない場合であっても相続人間で遺産を分ける協議(遺産分割協議)を行い、どの相続人がどれだけ相続財産を引き継ぐかを相続人全員で決めることは可能です。

亡くなった方に配偶者がいる場合

亡くなった方の配偶者は、亡くなった方に子や親や兄弟姉妹がいたとしても常に相続人になります。
もっとも、配偶者の相続分は他の誰が相続人になるかで割合が異なります。
法定相続人になる場合には、優先順位があり配偶者は常に相続人になりますが、第一順位は子であり、子がいない場合には、第二順位の直系尊属(父母、祖父母など)、子や直系尊属がいない場合は第三順位の兄弟姉妹が相続人となります。
配偶者以外の同順位の相続人が複数いる場合は、基本的に同順位の相続人で均等に相続分が分けられることになります。

亡くなった方に配偶者がいない場合

亡くなった方に配偶者がいない場合は、法定の順番に従って相続人となるものが決まります。
同順位の相続人が複数人いる場合は、基本的に同順位の相続人で均等に相続分が分けられることになります。

相続人となるものが相続開始以前に死亡していたり、相続欠格(遺言書を偽造した場合など)、廃除(亡くなった方を虐待していた場合など)によって相続権を失ったりした場合、その相続人の直系卑属(孫やひ孫など)がその相続人に代わって相続することを代襲相続と言います。
また、代襲相続は直系尊属(父母や祖父母など)には適用されません。

注意すべき点としては、相続人が兄弟姉妹の場合には代襲相続が一度しかできませんので、兄弟姉妹がすでに死亡してるような場合には、その兄弟姉妹に子がいる場合は、その子が代襲相続をすることができます。しかし、その兄弟姉妹の子もすでに亡くなっていた場合には、その子の子(兄弟姉妹の孫)は相続人となることはできません。

亡くなった方と片親のみ同じ兄弟姉妹の場合、その者の法定相続分は両親を同じくする兄弟姉妹の法定相続分の2分の1になります。

婚外子(非嫡出子)の相続分は、従来嫡出子の2分の1と決められていましたが、平成25年9月に嫡出子と非嫡出子の相続分につき差を設けることは、法の下の平等を規定する憲法14条に反し違憲であるとされました。
そのため、民法が改正され現在では亡くなった方の相続人の中に、嫡出子と非嫡出子がいた場合の相続分は平等となりました。

相続人がいない場合

法定相続人がいない場合または、法定相続人がいたが全員相続放棄をした場合などには相続財産はどうなるのでしょうか。
この場合は、利害関係人や検察官が家庭裁判所に申し立てることによって、相続財産管理人が選任され、債権者、受遺者、特別縁故者に分配してもなお余った相続財産がある場合には、国庫に帰属するということになります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。